料金表

去勢手術、避妊手術は高齢になると発症する病気の予防効果が期待できます。

あくまでも健康な子に対して実施する手術です。生まれつき腎臓が悪い、胸部に問題がある・・・等の子にリスクを冒してする手術ではありません。麻酔のリスクを軽減するため、当院では手術前に血液検査をさせて頂きます。

猫ちゃんの場合必須ではありません。

当院では2018年8月より麻酔時間の短縮、痛みの軽減の為、猫ちゃんの女の子の避妊手術においてOLYMPUS サンダービートでの手術を実施する事に致しました。 その為、手術の料金が25,000円に変更となります。

猫ちゃんの男の子の去勢手術はOLYMPUS ソノサージでの手術で実施することになり、12,000円と変更になります。

術後の痛みの軽減、体内に糸を使用しないため、腹腔内の縫合糸反応性肉芽腫のリスクの軽減、また手術時間が非常に短縮されるなどのメリットがあります。

 

※サンダービートとは・・・・バイポーラエネルギーと超音波エネルギーを一台で同時に出力できる世界初のデバイスです。これにより、超音波エネルギーによる迅速な切開能力と、バイポーラエネルギーのよる信頼性の高い血管封止能力という二つの特長を併せ持つ凝固切開を可能としています。

 

初診料 ¥1,100 検便 ¥500
再診料 ¥600 フィラリア検査 ¥2,500
爪切り ¥500 猫白血病・エイズ検査 ¥4,000
肛門腺しぼり ¥500    
混合ワクチン
犬7種混合ワクチン ¥5,350 猫3種混合ワクチン ¥3,000
犬5種混合ワクチン ¥4,350

猫4種混合ワクチン(猫白血病含む)

 

¥5,000
犬3種混合ワクチン ¥3,000 猫エイズワクチン ¥5,000 
犬2種混合ワクチン ¥3,000    
       
避妊手術(要予約) 去勢手術(要予約)
ワンちゃん ~10kg ¥24,885 ワンちゃん ~10kg ¥13,650
      ~15kg ¥26,670       ~15kg ¥14,910
      ~20kg ¥29,085       ~20kg ¥16,590
      ~25kg ¥31,395       ~25kg ¥17,850
      ~30kg ¥33,495       ~30kg ¥21,000
       30kg以上 ¥35,805        30kg以上 ¥22,260
ネコちゃん

¥25,000

ネコちゃん ¥12,000

 【※税抜表示となります。】   ※料金は手術、入院(避妊のみ)、お薬、抜糸まで含めての金額です。

※ワンちゃんの場合・・・①ソノサージ(超音波メス)を使用すると別途4,000円かかります。

                      ②サンダービートを使用すると別途8,000円かかります。

             なお、どちらも手術前に血液検査が必要です。(別料金)          

マイクロチップとは、、、 直径2mm、長さ11~14mmの皮下埋め込み型の個体識別用チップです。 チップには15桁の番号(世界でひとつ)が記録されていて、専用のリーダーで読み取ります。 迷子や災害、盗難時に確実な身分証明として役立ちます! ~ご希望の方はお問い合わせください~

マイクロチップ ¥3,000 (登録料¥1,000別途)
 【※税抜表示となります。】
スタッフブログ スタッフ紹介
獣医師、看護士、トリマー、パート 採用情報はこちら
トリミングギャラリー

完全予約制 エキゾチック動物診療

フレンズ動物病院では、「福井 大祐」先生のご協力のもと、各種エキゾチック動物の診療も行なっております。
完全予約制となります。また、動物の種類や、症状によって対応できない場合もございます。
まずは、お気軽にお問い合わせください。

ご予約はこちら 》 電話:0191-21-5700

福井 大祐先生プロフィール(略歴)

  • 獣医師、日本野生動物医学会認定専門医(動物園動物医学),博士(獣医学)
  • 岩手大学農学部共同獣医学科小動物外科学研究室 准教授
  • 岩手大学農学部附属動物病院 軟部外科専門診療科,麻酔・疼痛治療専門診療科,エキゾチック動物医療専門診療科担当

【専門分野】獣医外科学,動物園動物・野生動物医学,エキゾチック動物医学

【職歴】
1998年北海道大学獣医学部獣医外科学教室卒業
1998年~1999年草津犬猫病院(滋賀県)(勤務獣医師)
1999年~2012年旭川市旭山動物園飼育展示係
(勤務獣医師,2010年~飼育展示係長)
2012年~2013年酪農学園大学附属動物病院麻酔科(臨床研修獣医師)
2013年~2016年特定非営利活動法人EnVision環境保全事務所(研究員)
2016年10月~岩手大学農学部獣医学科小動物外科学研究室(准教授)

他,大学非常勤講師(北海道大学,帯広畜産大学,岐阜大学,酪農学園大学,東京農業大学)

【公職】

非常勤講師(酪農学園大学・北海道大学),日本野生動物医学会(幹事,広報委員,学会誌編集委員,将来構想委員会),日本獣医師会野生動物対策検討委員,日本獣医学会(評議員,JVMS編集委員),日本獣医麻酔外科学会(麻酔疼痛管理専門委員会委員,東北地区委員),札幌市円山動物園基本構想検討部会委員,岩手県鳥獣保護センター運営委員会委員,災害動物医療研究会幹事など

座右の銘は,「一生一所懸命」
広めたいことは,「かけがえのない一つの地球,つながっている一つの健康」
ライフワークは,「動物のすばらしさを伝える」,「人と野生動物・自然をつなぐ」
心がけていることは,「飼い主様と動物の幸せを共に考える」,「動物に優しい獣医療」